ルイ・ヴィトン 2019-20年クルーズコレクションのショーをニューヨークのジョン・F・ケネディ

「ルイ・ヴィトン」JFK空港のTWAフライトセンターでショー開催

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、2019-20年クルーズコレクションのショーをニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港 TWAフライトセンターで現地時間5月8日に開催した。

 会場となったTWAフライトセンターは、1962年に建築家のエーロ・サーリネンによって設計された建物。巨大な鳥を連想させる外観が特徴で、かつてトランス・ワールド航空のターミナルとして使用されていた。2001年に閉鎖され、映画の撮影などで利用されてきたが、今月15日に「TWAホテル」としてグランドオープンする。

 ウィメンズ アーティスティックディレクターのニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)は、90年代の終わりにTWA フライトセンターに降り立ったことがあるといい、近未来的なシルエットの建物とジェット機時代の象徴である同施設を、メゾンの原点である「旅」と重ね合わせショー会場に選んだ。

 コレクションは、様々な文化が融合されたニューヨークの都市からインスピレーションを得て構成。クライスラービルをはじめとするニューヨークのアイコニックな建物がウェアやバッグのデザインに取り入れられたり、ダウンタウンからアップタウンに広がる眩しい光を想起させるアシッドカラーを用いるなど、フランスが抱くニューヨークのファンタジーが描かれた。

 ショーには、エマ・ストーン(Emma Stone)やアリシア・ヴィキャンデル(Alicia Vikander)、ジェニファー・コネリー(Jennifer Connelly)、リア・セドゥ(Lea Seydoux)、ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)などのブランドアンバサダーをはじめ、中田英寿や韓国のガールズグループ「ITZY」などのゲストが来場した。

『ラ・ラ・ランド』のヒットで世界中から人気を集めたエマ・ストーン

アクティブなスニーカーを今っぽく履きこなす!

こなれた着こなしの達人はエマ・ストーン!軽快なのに上品なスニーカースタイル5選

映画『ラ・ラ・ランド』のヒットで世界中から人気を集めたエマ・ストーン。最新のSNAPを見ると、フェルトの乗馬キャップとスニーカーが大のお気に入りの様子。黒レギンス、デニム、アスレジャー風フィットパンツなどのスポーティーさが光るボトムに白スニーカーを合わせて、抜け感とこなれたムードを演出しています。今まさに着こなすべきアクティブなコーディネートなので、ぜひ参考にして自身のおしゃれに取り入れてみてください。

ヘルシーな魅力あふれる笑顔からハッピーオーラがあふれるエマ・ストーン。映画『ラ・ラ・ランド』で主演女優賞を受賞し、スクリーンの中では貫録のある美しさが印象的ですが、プライベートのファッションは、THEベーシック。

黒レギンス、デニムはもちろんアスレジャー風ボトムと、軽快なパンツスタイルを中心に足元には流行のスニーカーを履きこなし、こなれた雰囲気に仕上げていました。それでは5パターンの着こなしを見てみましょう。

今どきのアクティブさが冴えるエマ・ストーンのこなれたスニーカースタイル5選
ダークトーンの着こなしに白スニーカーでヘルシーな抜け感を

薄く上質素材のダブルフェースコートをメインに、グレーのニット×黒レギンスというリラックスした着こなし。こんなダークめなトーンのときは、足元をブーツにしては重たく見えてしまいます。トレンドの白スニーカーを投入すると、軽やかでアクティブなムードが高まって大成功。